天井からタイルが落下!マンション内での事故を防ぐ

マンション外壁タイル_軒天 マンション外壁タイル_点検

何が起きているの?

マンションの外壁タイルは壁だけに貼られているわけではなく、梁下や軒天井にも貼られているケースがあります。重力がまともにかかるので、壁面より剥がれやすく、写真のテープが張られた箇所は、すでに下地から浮いている状態になっています。

どうやって不具合と診断するの?

専用の検査器具(打診棒)で表面を撫でるように滑らすと、密着しているタイルと浮いているタイルとでは、音が違います。密着しているタイルはガラガラと低い音に対し、浮いているタイルは、カラカラと軽く響く音がします。

原因は?

外壁タイル施工時の施工不良が大半です。タイル下地(貼り付けモルタル)とタイルが適切に密着しておらず、タイルの裏面に空隙が生じていることが原因です。タイルやコンクリートは、直射日光を浴びたり経年とともに乾燥収縮しますが、タイルの圧着が十分でないと、タイルと下地が剥がれてきてしまうのです。
また、下地モルタルの材料に不具合が生じている場合も。タイルと密着する前に、異常に乾燥して収縮して隙間が生じるケースもあります。

放置するとどうなるの?

タイルの剥離・落下につながります。

管理組合や居住者にどんな被害(損害)が出るの?

突然頭上にタイルが落下してくることもあり、壁面よりも人体に危害を与える可能性が高くなります。怪我などを負わせてしまった場合、共用部分の管理責任は管理組合にありますので、居住者や居住者以外の第三者から損害賠償を求められることもあります。

住民はどんな観察をすると見つけられる?

見た目には分からないことが多く、表面的に浮き上がっているのが目に見えて分かる状態は、すでに剥離寸前の状態といえるでしょう。

早期に点検または不具合を発見するメリットは?

目に見えて分かる事象ではなく、かつ突然に剥離落下する可能性もあるので、施工不良によるタイルの浮きは早期に打診診断を行うことで、事故を防ぐことができ、金銭的な負担も抑えることができるでしょう。

マンション共用部分のチェックをご希望の方はこちら
●マンション管理についてお役立ち情報・セミナーが無料で受けられる会員登録はこちら

ページTOPへ

不動産の達人 株式会社さくら事務所

〒150-0031 渋谷区桜丘町29-24 桜丘リージェンシー
TEL:03-6455-0011(東京本社 代表) FAX:03-6455-0022(東京本社)東京本社MAP

Copyright(C)1999-2013 Sakurajimusyo inc. All Rights Reserved.