コンサルティング事例

補修のために2年間、全戸退去!
希望者は住戸買い取りも

補修のために2年間、全戸退去!希望者は住戸買い取りも
参考画像

管理人が日常点検中に、バルコニー手摺壁のタイルの変形(表面のせり上がり)を発見。他にも危険な箇所があるのではないか?とのことで、さくら事務所が外壁の全面打診の依頼を受ける。当該箇所以外にも、多数の浮きが見られた。補修工事中にも更に被害は広がっていき、管理組合、分譲会社、施工会社、さくら事務所で今後の対応を協議。

最終的には、一部、構造の不具合も発覚したことから、施工会社の負担でタイルの全面張り替えとなった。

とはいえ、既存タイルを剥がすのに時間を要し、2年近く掛け、全戸退去を余儀なくされた。(希望者には施工会社が住戸を買い取るなどの措置も取られた)

竣工年 2003年
発生年 2009年
発見経緯 日常点検
総戸数 約50戸
当初不具合箇所 バルコニー手摺壁
分譲会社 一部上場系子会社
施工会社 一部上場ゼネコン
主な原因 躯体制度
伸縮目地の設置
貼り付けモルタルの塗り厚
費用負担 工事費:施工会社
コンサル料:施工会社
希望者は施工会社が住戸買い取り
補修完了までに要した期間 約2年間 全戸退去