コンサルティング事例

施工不良が原因で剥落
分譲会社は最後まで関知せず

施工不良が原因で剥落分譲会社は最後まで関知せず
参考画像

駐輪場上部の外壁からタイルが剥落し、発覚。実は、タイルの剥落は2度目。

調査の結果、やはり当初の施工に起因するものと発覚。

補修までトータル3年を掛けるたが、施工会社が全額負担。分譲会社は最後まで一切関知しなかった。

竣工年 2004年
発生年 2011年
発見経緯 剥落(二度目)
総戸数 約40戸
当初不具合箇所 駐輪場上部外壁
分譲会社 全国展開地上デベ
施工会社 一部上場ゼネコン
主な原因 躯体制度
伸縮目地の設置
吸水調整剤の厚塗り
費用負担 工事費:施工会社
コンサル:管理組合
分譲会社は一切関知せず
補修完了までに要した期間 2年半 住みながらの工事