コンサルティング事例

東日本大震災で大量剥落
原因は地震はじゃなかった

東日本大震災で大量剥落原因は地震はじゃなかった
参考画像

2011年、東日本大震災の被害でタイルが大量に剥落、さくら事務所に調査を依頼。

都心の人通りの多い場所で、一歩間違えれば大きな被害の出る可能性もあった。剥落したタイルをさくら事務所で持ち帰り、調査。

施工に起因する不具合を証明することで、分譲会社の協力を得られ、工事費全額負担で2年半に渡り補修を行った。

竣工年 2005年
発生年 2011年
発見経緯 東日本大震災
総戸数 約60戸
当初不具合箇所 妻側壁
分譲会社 中堅ゼネコン
施工会社 中堅ゼネコン
主な原因 躯体表面の目粗処理
張り付けモルタルの塗り厚不足
費用負担 工事費:施工会社
コンサル料:管理組合
補修完了までに要した期間 2年半