コンサルティング事例

大規模修繕工事の着工後に発覚、修繕費用の負担は?

大規模修繕工事の着工後に発覚、修繕費用の負担は?
参考画像

大規模修繕工事着工後の調査により、広範に亘る大量のタイル浮き剥離が発覚。

大規模修繕工事の設計・監理者である設計事務所は外壁タイルの不具合に関する分譲会社、施工会社への修繕費用の負担の申し入れについて消極的でああった。

工事完了後に訴訟となるリスクも考え、原因調査と合わせ施工不良に関する証拠保全業務を提案、実施した。

結果として、大規模修繕工事完了後に新築時の施工会社が一部負担した。

竣工年 2001年
発生年 2013年
発見経緯 大規模修繕工事施工中
総戸数 350戸
当初不具合箇所 バルコニー手摺壁(外側)
分譲会社 中堅デベロッパー
施工会社 一部上場ゼネコン
主な原因 打継目地・伸縮調整目地の施工不良
タイル下地の目粗し不足
費用負担 大規模修繕工事完了後に新築時の施工会社が一部負担
補修完了までに要した期間 8ヶ月