マンション外壁・タイル 現場実例とコンサルティング

マンションの外壁・タイル剥落や浮きの悩みを解決 現場実例と解説サイト

マンションの外壁調査現場実例&解説

タイルの剥離(浮き)

打診検査で、コンクリートに密着していないタイル特有の打診音が確認された事例です。

外壁タイルが広範囲でコンクリートから剥離して(浮いて)いると考えられます。密着していないタイルは剥がれて落下する恐れもあり、歩行者にぶつかり事故が発生することもありますので修繕が望ましいです。

特に高所のタイルの剥離は、大きな怪我や死亡事故を引き起こしたり、周辺にある設置物などを破損させる恐れもあるため注意が必要です。

事例一覧 »

トップページへ

塗装材の剥離(浮き)

吹きつけ塗装材が剥離して(浮いて)いました。

コンクリート表面が雨や空気に触れにくいように塗装されていますが、放置すると剥離の範囲はより大きくなる可能性があり、この部分だけコンクリートの劣化が早くなる恐れがあります。

事例一覧 »

トップページへ

コンクリートのポップアウト

コンクリートの表面が剥離し、内部の鉄筋が露出していました。

鉄筋が直接空気に触れることで腐食(錆び)が急速に進行し、まだ露出していない鉄筋も錆び始めコンクリートが剥離する範囲が広がる可能性があります。

事例一覧 »

トップページへ

モルタルの剥離(浮き)

打診検査で、仕上げモルタルがコンクリートに密着していないときに聞こえる特有の打診音が確認されました。

下地調整モルタルの浮きが全面で発生していると考えられ、剥落する懸念があります。

事例一覧 »

トップページへ

手すりコンクリートの剥離(浮き)

吹きつけ塗装材が剥離して(浮いて)いました。
コンクリート表面が雨や空気に触れにくいように塗装されていますが、放置すると剥離の範囲はより大きくなる可能性があり、この部分だけコンクリートの劣化が早くなる恐れがあります。

事例一覧 »

トップページへ

コンクリートのエフロレッセンス(白華現象)

コンクリートに雨水が染みこんだときに発生するエフロレッセンス(白華)がタイル表面に付着していました。

タイルにひび割れは見られませんが、コンクリートにはひび割れが発生していると考えられます。

事例一覧 »

トップページへ

マンション外壁の不具合を調査・診断します

  さくら事務所の『外壁の瑕疵調査・補修コンサルティングサービス』

現地の調査に加え、必要に応じて現地で採取した不具合部の試料を、当社または分析機関で検査します。
調査結果や過去の診断事例、建設当時の施工基準などから総合的に原因を推測し、不具合に見舞われたマンションが適切に補修され、健全に戻れるよう管理組合をサポートします。

トップページへ

ページTOPへ

不動産の達人 株式会社さくら事務所

〒150-0031 渋谷区桜丘町29-24 桜丘リージェンシー
TEL:03-6455-0011(東京本社 代表) FAX:03-6455-0022(東京本社)東京本社MAP

Copyright(C)1999-2013 Sakurajimusyo inc. All Rights Reserved.