コンサルティング事例

管理組合の依頼で共用部点検
結果、全面に大量の浮き発覚!

管理組合の依頼で共用部点検結果、全面に大量の浮き発覚!
参考画像

竣工後3年目、コンクリートのひび割れなどを不安に思った管理組合より依頼を受け、さくら事務所で共用部の定期点検を行なった。

外壁タイルの全面打診を行ったところ、全体に浮きが見られた。

協議の結果、工事費用、調査費用など全て分譲会社、施工会社の負担により行う。約2年間を要し、居住者も住みながらの工事となった。

竣工年 2003年
発生年 2006年
発見経緯 共用部の点検
総戸数 約90戸
当初不具合箇所 全館に渡る
分譲会社 電鉄系子会社
施工会社 スーパーゼネコン
主な原因 躯体表面の目粗処理
張り付けモルタルの塗り厚不足
費用負担 工事費:分譲:施工会社
コンサル料:分譲:施工会社
補修完了までに要した期間 約2年 住みながらの工事